エラ削りの手術を受けて良かったこと&大変だったこと

エラを目立たなくするためエラ削りの手術を受けた

エラを目立たなくするためエラ削りの手術を受けた : 手術を受けるにあたってクリニック選びが重要 : 術後は痛みや腫れが強く出たが美人度が上がった

長年コンプレックスだったエラを目立たなくするため、思い切って美容整形外科の手術を受けました。
エラ削りの手術はかなり大掛かりのものになるので、決心するまでに時間がかかりました。
勇気が出たのは、エラ削り手術の前に二重の治療を受けて成功した経験があったからかも知れません。
今までまったく美容整形の治療を受けたことがないのに、いきなり本格的な外科手術を受けるのはハードルが高いと感じました。
私はエラ以外にも気になるパーツは色々あったので、まずは一重瞼を二重にする治療を受けてみることにしました。
治療方法は後戻りの心配がない切開法です。
手術は大成功で、状態が落ち着いてからはメイクにかける時間が激減しました。
何よりもすっぴんで堂々とできるところも感激です。
この成功体験で「美容整形は怖くない」と確信することができたので、いよいよエラ削りに挑戦する気持ちになれた次第です。
手術を受けるにあたって力を入れたのは、クリニック選びです。
カウンセリングを何度か受けましたが、強引に手術を勧めてくるところやお金の話しかしないところなど色々ありました。
結局決め手になったのは、医師がカウンセリングを担当してくれること、医師のエラ削り手術の実績が十分にあることです。
手術を担当する医師とカウンセリングを担当する人間が違うと、本番になって話の微妙なニュアンスの行き違いがあり、トラブルになることもあると聞いたことがあります。